元AKB48の仁藤萌乃が芸能界引退の理由とは?活動と人気をまとめ

スポンサーリンク

2018年9月13日に、仁藤萌乃が芸能界引退を発表しました。

仁藤萌乃は、AKB48が結成されて2年目の2007年に加入。

初期のAKB48の人気を支えたメンバーです。

2013年にAKB48を卒業してからは、主に舞台女優として活躍していました。

それが、今回の突然の芸能界引退。

2019年3月31日に、現在所属している芸能事務所ホリプロとの契約が終了して、芸能界を引退します。

あまりに突然すぎて、本当にビックリ。

仁藤萌乃のAKB48時代はどんなメンバーだったのか。

そして、卒業後にはどんな活動をしていたのか。

また、引退の理由とは何なのか?

仁藤萌乃について、いろいろ振り返ってまとめてみたいと思います。

仁藤萌乃は5期生四天王と呼ばれたほどの人気メンバー


まず、仁藤萌乃のプロフィールをまとめます。

仁藤萌乃プロフィール

ニックネーム:もえの

所属チーム:チームB→チームK→チームA

生年月日:1992年7月22日

年齢:26歳(2018年9月時点)

血液型:AB型

身長:158.8センチ

利き手:左利き

出身:東京都町田市

AKB48での活動期間:2008年4月~2013年4月

もえのは、授業中に手を挙げることが出来ないほど人前に出ることが嫌いでした。

そんな自分を変えて人生を変えたいと思い、AKB48のオーディションに応募。

なんと、応募当時に持っていた別の夢を捨ててまでの決断だったそうです。

その強い意志が見事に実り、AKB48の第2回研究生オーディションに合格。

AKB48の5期生としてアイドル活動を始めます。

AKB48の5期生と言えば、かなりの有名メンバーがいる黄金期の世代。

現在もAKB48のメンバーとして活動している宮崎美穂、

選抜総選挙で史上初の3連覇を達成した現HKT48のメンバーの指原莉乃、

NGT48のキャプテンも務め、卒業後は女優として大活躍中の北原里英、

2018年3月までジャカルタのJKT48で活動していた近野莉菜、

現在は焼肉屋「IWA」を経営する実業家の内田眞由美、

などなど、そうそうたるメンバーがいたのがAKB48の5期生。

この中で、仁藤萌乃は「5期生四天王」と呼ばれていました。

北原里英、指原莉乃、宮崎美穂と合わせて5期生四天王と呼ばれるほどの人気メンバーだったんですよ。

実は、もえのは5期生の中で一番早く正規メンバーに昇格した研究生メンバーでした。

研究生から正規メンバーに昇格するまでの期間はわずか99日。

のちに6期生の高城亜樹が71日で記録を更新しますが、それに続く2位の記録をいまだに持っている優秀メンバーだったんです。

2009年には、12枚目のシングル「涙サプライズ」で初めての選抜入り。

ちょっとぽっちゃりな丸顔だけど、ヤンキーっぽくもあってお嬢様っぽくもある感じがファンに受けて人気がどんどんあがっていきます。

仁藤萌乃の実人気がネット投票で証明?

もえのは、第1回AKB48選抜総選挙では圏外だったものの2010年の第2回の総選挙では29位の順位にランクイン。

のちに総選挙で3連覇を果たす同期の指原莉乃がこのとき19位だったことを考えると、もえのの29位という順位はかなり素晴らしい結果。

5期生四天王と呼ばれる人気メンバだったこともうなずけます。

さらに、仁藤萌乃の人気が証明される出来事がネット上で怒ります。

投票サイト「センタク」で、「AKB48で好きなメンバーは?」というアンケートで仁藤萌乃は暫定1位を記録します。

篠田麻里子、柏木由紀、渡辺麻友などのメンバーをおさえ、もえのは堂々の暫定1位になり、ファンを驚かせました。

最終結果は、前田敦子が1位となって仁藤萌乃は2位でした。

でも、ネットでの人気投票で暫定1位が続いていた事実に、もえのの人気の具合が見て取れましたね。

もえのは書道と消しゴムハンコが得意で芸術的なメンバー

仁藤萌乃の特技と言えば、書道と消しゴムハンコです。

書道四段の資格を持ち、フジテレビの人気番組「TEPPEN」の書道対決のコーナーで優勝したほどの腕前。

芸能界随一の書道の実力者なんです。

もう1つ、もえのの得意なものが消しゴムはんこ。

消しゴムを掘ってハンコにして、イラストを描くのが消しゴムはんこ。

もえのの作る消しゴムはんこは、秋元康が「天才!」と評価するほどで、雑誌「FLASH」では消しゴムハンコの連載「もえはん」を持っていました。

書道と消しゴムハンコという芸術的な特技を持っている仁藤萌乃。

AKB48で、手先がとても器用でアーティスティックな天才肌の数少ないメンバーでした。

仁藤萌乃はデビュー5周年の日にAKB48を卒業した

仁藤萌乃は、2013年2月14日の劇場公演でAKB48を卒業することを発表。

4月28日のデビュー5周年となる日にAKB48を卒業しました。

丸5年間のAKB48メンバーとしての活動に終止符を打ちました。

気になる仁藤萌乃の卒業理由についてですが、恋愛スキャンダルといったものではありません。

もえのには特に大きなスキャンダルはなく、自分で決断して次のステップアップのための卒業でした。

劇場公演での卒業発表で、こう言っています。

私は5期生としてAKB48に入って、色々な経験をさせていただいて来ましたがその中で最近は自分の立ち位置や、自分がどうやってAKB48を支えていくべきかを考えていました。

第2回選抜総選挙から29位、31位と順位をキープしていたもえのですが、第4回では55位と大きく順位を落としてしまいます。

また、チームの組閣によってチームBからチームK、チームAと異動も多かったもえの。

卒業発表の3か月前にはチームAに異動したばかり。

AKB48のなかで今ひとつ突き出ていけないことに悩んで、卒業の決断をしたのかもしれません。

さらに、もえのは卒業発表の場でこう話しています。

ずっとAKBのメンバーとして戦うつもりもありません。卒業して、今まで以上に色々な経験をしたい!自分のスキルアップに繋げられるように頑張りたいと思っています!!

AKBでの活動に限界を感じ、ほかでの活動に挑戦していきたい気持ちが芽生えたのでしょう。

仁藤萌乃はまじめなことで有名です。

次のステップに進んでコツコツがんばっていくことそ胸に秘めての卒業だったと思います。

仁藤萌乃はAKB48卒業後は舞台女優として大活躍

仁藤萌乃は、卒業後は本格的な舞台女優として活動していきます。

AKB48在籍時から、東京国際フォーラムでミュージカル「ピーター・パン」のウェンディ役を佐藤すみれとダブルキャストで演じたりと舞台経験があった仁藤萌乃。

AKB48卒業後は、本格的に舞台女優の道へ進みます。

卒業後の5年間で出演した舞台の数はなんと20以上!

中でも、けものフレンズのマンモス役が有名です。

順調に舞台女優の道を進んでいると思っていました。

そこに、今回の突然の芸能界引退の発表。

一体、なぜ芸能界引退を決断したのか?

その理由を考えてみました。

仁藤萌乃が芸能界を引退しなければいけない理由とは?

AKB48の黄金期と言われる世代の5期生の中で、5期生四天王とまで呼ばれた人気メンバーだった仁藤萌乃。

AKB48卒業後は舞台女優として活躍していた仁藤萌乃。

そんな萌乃がなぜ急に芸能界引退を決断したのか?

その理由を考察してみました。

結婚して家庭に入るから?

女性が芸能界引退をする理由の1つに、結婚して家庭に入ることがあります。

いまだに伝説とも呼ばれる山口百恵は、三浦友和との結婚を機に人気絶頂だったにもかかわらず芸能界を引退しました。

ほかにも、堀北真希など人気絶頂の時期に結婚して芸能界を引退した女性はいます。

もしかしたら、もえのも結婚するのでは?

そう思ったファンは、少なからずいるでしょう。

実は、昔に仁藤萌乃にスキャンダルが出かかったことがあります。

現在、SKE48で活躍し、第10回世界選抜総選挙で8位にもなった人気メンバーの大場美奈。

2011年、みなるん(大場美奈)がまだSKE48に移籍する前のAKB48時代に事件は起こります。

みなるんがAKB48加入前に彼氏がいたことが、当時のブログから発覚。

このときに、仁藤萌乃にも彼氏がいたことをにおわせる文章があったというんです。

仁藤萌乃と大場美奈は、過去にAKB48の4期生オーディションを受けて落選しているメンバー。

関係はそのころからあったようです。

そのため、大場美奈のこの文章は仁藤萌乃の恋愛スキャンダルではないかとファンの間で騒ぎになりました。

その文章がこちら。

萌乃がryと。イケメンとか好きじゃなかったけどryはないでしょ

ただし、「萌乃」という名前だけで「仁藤萌乃」である確信がなかったこと。

はっきりと「つきあっている」「彼氏」などの記述がなかったこと。

こういう点から、仁藤萌乃に彼氏がいた事実を100%裏付けるものではない結論に。

結局、大場美奈は謹慎となりましたが、仁藤萌乃には何のペナルティもありませんでした。

しかし、完全に疑いが晴れたわけではなく、もしかしたらAKB48の卒業もこれが関係しているのではないかという噂もあります。

まぁ、個人的にはシロだったと思っていますが。

AKB48時代に彼氏がいなくても、卒業後に舞台に出演している中で出会ってお付き合いが始まっても全然おかしくありません。

調べたところ結婚の話は全く出ていませんが、来年の引退する時期に結婚発表があるかもしれませんね。

子供ができたらママタレとして芸能界復帰・・・なんてことはないかなぁ。

姉の炎上騒動の責任を取って引退?

仁藤萌乃には、3歳年上の姉がいます。

お姉さんの名前は、仁藤夢乃。

夢乃と萌乃、姉妹らしい名前ですね。

姉の夢乃は社会活動家の肩書を持ち、一般社団法人Colaboと女子高生サポートセンターColaboの代表を務めています。

夜の街を徘徊する少女に声をかけて食事を提供して福祉支援につなぐ活動や、東京の繁華街で子供が危険にさらされていることを伝える活動をしています。

ただ、過去に炎上騒動をいくつか起こしたことがあります。

たとえば、過去に仁藤夢乃にいじめを受けていた、というツイートがTwitterに出て大問題になりました。

たしかに、少女を支援する団体の代表が女の子にいじめをしていた過去があったら大問題ですよね。

いじめられていたとされる「白猫さん」のツイートを仁藤夢乃は否定しています。

ただ、最後まで嘘か本当かはわからずじまいでした。

ほかの炎上騒動は、JKビジネスに対して仁藤夢乃が外国特派員協会で会見した時のこと。

会見でプレゼンしていたJKビジネスについて、ミスリードがあったと言われています。

JKビジネスが問題視されていることについて証拠写真を紹介したが、その写真に写っているビラ配りの女性があたかも18歳未満であると紹介したんです。

実際には外でビラ配りをしていた女性が18歳未満だった証拠はなく、これでは確証がありません。

これがミスリードと言われているものなんです。

こういった問題があり、妹の萌乃はもしかしたら芸能界にいづらくなったのではないか・・・という憶測が出てきています。

ただ、2人が姉妹として話題になったことはほぼないと言っていい状況ですし、姉のことで妹が引退に追い込まれるというのはなかなか考えにくいと思います。

もしそうなら、姉の夢乃も社会活動家を引退するはずです。

だから、もえのの芸能界引退に姉のことが関係しているとは思えません。

舞台女優としての活動に限界を感じた?

仁藤萌乃は、AKB48時代からとてもまじめなメンバーとして知られています。

AKB時代には、テレビでバラエティ番組でバンジージャンプを2回も跳んで見せたことがある根性の持ち主。

舞台女優時代には、主演舞台の稽古中に左足首を骨折して全治1ヶ月半と診断されていたにもかかわらず、降板はせずに舞台をやりきります。

それくらい、もえのはまじめで根性がある強い女性です。

そのまじめさゆえに、舞台女優としての活動の限界に悩み始めてしまったことも考えられます。

もともとファンだったAKB48に加入して、メンバーとしての活動から次のステップに行くために卒業を決断。

そして、舞台女優としての芸能界活動に区切りをつける決断をしたのかもしれません。

思えば、仁藤萌乃が芸能界引退を発表した時期は、5年間活動したAKB48を卒業してからまた5年が過ぎたあたりの時期。

AKB48として5年、卒業してから5年という節目だからこそ、芸能界引退の決断をしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!