2018年エイトの日は大盛況で終了!嬉しいサプライズ発表もいっぱい!

スポンサーリンク

2018年8月8日に東京都の豊洲PITにて、エイトの日のイベント「8月8日はエイトの日 夏だ!エイトだ!ピッと祭り 2018」が開催されました。

今年は、台風13号の接近の影響で特設会場でのお祭りブース「ピッと祭り」が中止になり、1日4公演の開催に不安もありましたが、大きな事故もなく無事に終了してホッ。

1日4公演という大胆な初の試みは大成功。

コンサートのセトリはもちろん、ところどころで嬉しいサプライズ発表もあって、今年のエイトの日も大盛況で終了しました。

2018年のエイトの日の内容や会場の様子をまとめます。

スポンサーリンク

入場するファンにメンバーみんなでお出迎え

特設会場で開催されるピッと祭りが中止になり、公演とは違ったチーム8メンバーとの近い距離での触れ合いがなくなってしまいました。

朝PITはもともとピッと祭りの開催はなしでしたが、昼とおやつと夜の3公演では公演の前後のピッと祭りでメンバーと触れ合える予定でした。

メンバーとの近い距離での会話を楽しみにしているファンはたくさんいるはずで、これが中止になってしまったのはメンバーにとってもつらいことです。

そこで、急遽メンバー全員でお出迎えをしてくれることになりました。

朝PITではエイトくんパンを、昼PIT以降はピッと祭りで配る予定だったうちわをメンバー自らが配ってくれました。

ピット祭り参加予定だったメンバー1人1人が、入場するファンたちに手渡しで配ってくれるのは嬉しいですよね。

しかも、うちわは急遽サイン入りにしてくれたんですよ。

これもファンを大切にするチーム8ならではで嬉しいですね。

朝PITはたくさんのメンバーのパフォーマンスを見れた

朝PITは参加予定43人のメンバー全員での公演です。

青森県代表メンバーの横山結衣の「朝PIT行くぞー!」という声で1公演目がスタート。

朝PITの公演の動画がありました。

「汚れている真実」「へなちょこサポート」「あまのじゃくバッタ」という、チーム8オリジナル3曲です。


あまのじゃくバッタを撮影タイムにするのはちょっと珍しい気がしますね。

へなちょこサポートに2代目メンバーを固めたのはいい演出だと思います。

朝PITは、43人での公演なのでたくさんのメンバーのパフォーマンスを見ることができました。

昼PITでは新山形県代表メンバー御供茉白がお披露目

昼PITでは、小柄な妹系メンバーや2代目メンバーが中心になっての内容でした。

「若い」「かわいい」がテーマの公演ですね。

撮影タイムの動画がこちら。

楽曲は、「くまのぬいぐるみ」「偉い人になりたくない」「片思いの唐揚げ」の3曲。

かわいい系の歌ですね。

エイトの日の詳細発表のときに、昼PITの出演メンバーを見ていましたが、2代目メンバーやかわいい系メンバーで固めていることに全く気付いていませんでした。

今回は、それぞれ公演にテーマがあってそれに合わせてメンバーを選んでいたなんて・・・

「してやられた!」という気持ちです。

昼PITでは、さらに嬉しいサプライズ発表がありました。

ユニット明けのコントの中で、チーム8山形県代表の新メンバーとなった御供茉白ちゃんがお披露目。

「みともましろ」と読みます。

難しい名前ですね。

北海道・東北メンバーのコントとしておなじみの戦隊「北海道・東北レンジャー6」のコント寸劇の中で登場しました。


小栗有以が演じる悪者のオグロスからピンチを救う新メンバーとして登場し、「北海道・東北レンジャー6に加入することになりました、山形県代表の御供茉白12歳です」と自己紹介。

(今回の悪役は、佐藤朱の「スマッシュ星人アカロス」じゃなかったのか)

コントの中の役でお披露目とは、北海道・東北エリアならではですね。

その後に、ステージ上で先輩メンバーから「北海道・東北はコントが多いけどがんばって」と励まされていました。

新山形代表メンバーの御供茉白は、2005年生まれの12歳の中学1年生。

新福島県代表の伊藤きららが2004年生まれで最年少メンバーと思ったら、もう2005年生まれのメンバーが入ってきました。

太田奈緒の一回り年下の2006年生まれのメンバーが入ってくるのも時間の問題か・・・?

まっちゃんこと御供茉白は、初ステージで緊張しながらも指原莉乃の代表曲「それでも好きだよ」を熱唱。

見事に初ステージを成功させました。

おやつPITはダンスメン中心のパフォーマンスが見事

おやつPITは、ダンスに定評のあるメンバーが中心の公演でした。

テーマは「キレのあるダンス」。

当然、セットリストはダンス曲ばかり。

撮影タイムの、「Make noise」「Must be now」「Escape」の3曲のパフォーマンスがこちらです。

キレのあるダンスをメンバーみんなでしっかりそろえて踊ってるのがさすが。

エイトのダンスメンの真骨頂を見せてくれるパフォーマンスのレベルの高さですね。

ただ、この後に予期せぬアクシデントが起こります。

沖縄県代表メンバーの宮里莉羅が体調不良でユニットの「狼とプライド」に出演できないことに。

一緒に歌うはずだった熊本県の倉野尾成美は悔し涙を流しましたが、岐阜県の服部有菜が代役を見事に果たしてくれました。

突然のアクシデントで、たった数分で振りを合わせたとは思えない2人の完成度で、会場の観客からは大歓声。

ゆうなは、加入してすぐに東京ドームでの「10年桜選抜」に選ばれるなどしていますが、パフォーマンスのポテンシャルが相変わらず高いですね。

さらに、ダンスメンのそろったおやつPITの公演のすごさはまだ続きます。

アンコールでは、横山結衣が振り付けをした「従順なSlave」と「胡桃とダイヤローグ」の2曲を披露。

「従順なSlave」は鳥取県の中野郁海がセンター、「胡桃とダイヤローグ」は秋田県の谷川聖がセンターでした。

ヨコちゃんは、秋葉原公演で「uza」の振り付けを担当したこともありますが、エイトの日の公演でも振り付けを新たに担当するとはビックリ。

夜PITは大人メンバーたちでセクシー公演

夜PITは、遅い時間帯ということで(?)年齢が上のメンバーやセクシー系メンバーが中心のアダルト路線です。

セクシーがテーマの公演になりました。

中でも目立っていたのは、太田奈緒大西桃香の2人。

2人とも、2018年10月発売予定の写真集のアピールに余念がありませんでした(笑)

大西は、ユニットコーナーの「甘い股関節」でも写真集をアピール。

パフォーマンスの最中にもアピールなんて、大西のたくましさを感じられますね。

最後の挨拶では、神奈川県代表メンバーの小田えりなが感極まって涙を流しながらも、

「チーム8が大好き。それぞれ兼任先でも頑張るので、これからもチーム8の応援をよろしくお願いします」と締めてくれました。

おだえりの涙に、会場のいくらかの人は「何かサプライズ発表か?」と思ったようですが(笑)

4周年のエイトの日はアクシデントがありながらも大成功

夜PITが終わったときは、夜の10時近い時間でした。

台風13号の接近によるピッと祭りの中止や、らんりーの体調不良による途中降板もありながらも、エイトの日は大成功。

1日4公演のハードスケージュールでも、チーム8メンバーたちは見事なパフォーマンスを見せてくれました。

そして、コントやMCもしっかりこなしてくれました。

おやつPITのラストではサプライズで全国ツアーの福岡県開催と山口県開催が発表され、昼PITでは新メンバーもお披露目。

これからのチーム8の活躍が、もっともっと期待できる内容のエイトの日で終わりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!