布谷梨琉は身長の高い秋田美人!pramoで活躍していたダンスメン

スポンサーリンク

AKB48チーム8で背の高いスレンダー美人のメンバーと言えば、何といっても布谷梨琉(ぬのやりる)です。

その長身は、チーム8どころかAKB48の歴代メンバーでもトップの背の高さです。

そんな高身長の抜群のスタイルと、秋田美人の顔立ち、そしてご当地アイドル時代に身につけたステージ度胸と歌とダンスのスキルで大活躍するメンバーです。

加入時から大きな武器をいくつも持つメンバー、布谷梨琉についてまとめます。

スポンサーリンク

布谷梨琉はチーム8秋田県代表の2代目メンバー

布谷梨琉のプロフィールはこちら

チーム8秋田県代表
ニックネーム:りる
所属チーム:チーム8
生年月日:2003年2月14日
血液型:B型
身長:171㎝
出身地:秋田県

キャッチフレーズは、「悪い子はいねがー!いい子にしてないと、りるのこと(大好き!)にさせちゃうぞ。秋田県から来ました布谷梨琉です、よろしくお願いします」

ユネスコの無形文化遺産に登録されている秋田県の名物なまはげの言葉を使ったキャッチフレーズです。

りるのこと大好きにさせちゃうのなら、いい子にしないエイターが続出か?(笑)

「布谷(ぬのや)」という名字は、全国で2,000人くらいしかいない珍しい名字です。

全国的に珍しい名字ですが、秋田県(特に仙北市)にはわりと多い名字なんだとか。

ですから、「布谷」は秋田県ならではの名字と言えます。

地方特有の名字を知ることができるのも、チーム8メンバーの魅力の1つですね。

りるは、チーム8秋田県代表の2代目メンバーになります。

初代の谷川聖が2019年5月31日に卒業公演を開催して活動終了し、2代目メンバーとしてりるがチーム8に加入しました。

東北メンバーにはおなじみのイベントで同期と一緒にお披露目

りるがファンに初めてお披露目されたのは、2019年10月13日に、青森県青森市のねぶたの家ワ・ラッセで行われた、東北メンバーにはお馴染みのイベント「ABA番組祭2019」です。

東北エリアの同期メンバーである、岩手県代表の井上美優と福島県代表の長谷川百々花とともにお披露目です。

その翌日の10月14日には、パシフィコ横浜で行われたAKB48「サステナブル」劇場盤握手会で、他の同期メンバーとも一緒に11人で参加しました。

そして、2020年1月6日には秋葉原のAKB48劇場で開催されてチーム8の雫公演の前座に出演して劇場デビューを飾りました。

この日の昼公演では長谷川百々花が前座に出演してデビューしており、夜公演の春本ゆきの20歳の生誕祭でりるが劇場デビューしたんです。

布谷梨琉の背の高さは48グループの歴代でトップクラス

りるの大きな魅力と言えば、なんと言っても身長の高さとスタイルの良さです。

チーム8加入した当時の年齢は16歳の高校2年生でしたが、すでに身長が171センチもありました。

171センチの身長は、チーム8言うに及ばずAKB48の歴代メンバーで鈴木紫帆里と並ぶ最高身長なんです。

(48グループ全体では、元SKE48の井口栞里が174㎝でトップ)

りるがステージに立つと、佐藤朱くらいに背が高いのですごく目立ちます。

背が高いだけじゃなく、身体も手足も細くて長い抜群のスタイルだし、ルックスも大人っぽいキレイ系の美人さんだし、モデルと言っても普通に通用するビジュアルです。

アイドルだけじゃなく、モデル活動もできそうですね。

チーム8の先輩メンバーでは、身長が高めの長久玲奈人見古都音がチーム8在籍時に並行してモデル活動をしていましたが、りるも十分にモデル活動ができる素質を持っています。

りるは高身長と手足の長さを活かしたダンスが得意であり、趣味は歌うこととフラダンスです。

歌やダンスメンとして、チームで頼もしい存在になってくれるでしょう。

フラダンスをイベントで披露したことがあるそうなんですが、背が高くて手足の長いりるのフラダンスはきっと美しいでしょうね、見てみたい!

布谷梨琉は元ローカルアイドルのメンバーだった

実は、布谷梨琉は地元の秋田県でご当地アイドルとして活動していたんです。

チーム8メンバーには、立仙愛理坂川陽香などローカルアイドルのメンバーだったメンバーが何人もいます。

りるも元ローカルアイドルのメンバーだったんですよ。

そのグループは、秋田県を拠点に活動していたアイドルグループ「pramo」です。

2010年8月に行われたオーディションにより、「地元愛」をコンセプトに秋田在住の中学校1年生から高校3年生までの女子で結成された5人組のアイドルグループです。

地域でのイベントはもちろん、メディア出演もしたりシングルを9枚リリースするなど、かなり精力的に活動していたローカルアイドルと言えます。

りるは、pramoに7期生として加入して活動していましたが、残念ながら2018年をもってグループそのものが活動休止となってしまいました。

ラストライブまでりるはpramoメンバーとして活動していましたが、グループが活動休止となったためにチーム8オーディションを受けて秋田県代表メンバーとなったんです。

pramoでの志なかばで終わってしまったアイドル活動への想いを、チーム8での活動にぶつけてくれるんじゃないかと思います。

もともとアイドル活動の経験ありなので、イベントのステージでもあまり緊張せずに慣れている様子がうかがえますね。

歌やダンスメンやモデルとしての大活躍が期待大

AKB48チーム8秋田県代表メンバー、布谷梨琉についてまとめました。

AKB歴代トップの高身長と抜群のスタイル、そして秋田美人のキレイ系のルックスで、素晴らしいビジュアルの持ち主です。

正統な秋田美人と言える容姿で、先代のひじりんこと谷川聖の後継メンバーとして申し分のない美貌です。

そして、ローカルアイドル時代の経験が豊富で、歌とダンスが得意なメンバーでもあります。

ステージ度胸もしっかりしてますし、即戦力として申し分なしでしょう。

さらに、天然な性格もあってバラエティ向きのメンバーとも言えます。

罰ゲームのわさびシュークリームを、ほかの東北メンバー5人が悶絶してる中で1人だけ美味しく食べちゃうところなんて、まさにバラエティ向きじゃないでしょうか(笑)

布谷梨琉は、ステージ映えするモデル体型と歌とダンスのスキルを活かして、チーム8での注目の存在となる可能性を秘めているメンバーですよ。

歌とダンススキルを活かしたパフォーマンスでの活躍と、スタイルを活かしたモデルでの活躍にも期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
error: Content is protected !!